HOME浴室リフォームまめ知識お手入れ >梅雨時のカビ対策

梅雨時のカビ対策

梅雨時はカビが気になる季節

梅雨時はカビが気になる季節です。

カビが活性化する最適な条件は気温が20℃を超え、湿度が75%を超えた時。
食べカスや衣類、プラスチックなど家にあるほとんどのものがカビの餌になります。

浴室は家の中で最もカビの出やすい場所です。タイル目地、イスの裏、風呂ふたのフチ、ドアのパッキン、
排水口、はたまたシャンプーなどの入っているボトルの底など。

大掃除をすることも大事ですが、汚れ(カビ)をため込まないためには「湯上りのひと手間」です。
入浴後にカビの栄養源となる石鹸カスや皮脂の汚れをタワシでこすり、シャワー(水)でさっと流します。
タオルで水分を拭き取り、換気をします。

どうしても落ちない場合は市販のカビ取り剤を塗布し、こすらずにしばらく放置してからシャワーで洗い流します。
湯ざめには気をつけて「湯上りのひと手間」を行いましょう。
これはもっぱら最後に入浴する人のお仕事になります。