HOME浴室リフォームまめ知識健康 >炭酸水のパワー その①

炭酸水のパワー その①

血流がよくなり、健康増進

炭酸水には二酸化炭素が含まれています。

私たちは呼吸をするときに二酸化炭素は体内に不要なものとして吐きだしています。
炭酸水を飲むことは、わざわざ二酸化炭素を体に取り入れることですが、これは血液中の二酸化炭素の
濃度が高くなるためで、酸素を積極的に取り入れようと、血管を広げて血流量を増やします。

また、血液中のヘモグロビンは酸素よりも二酸化炭素と結びつきやすいのです。
二酸化炭素を体内に入れることで、酸素が手放しやすくなり、細胞に酸素を運びやすい環境にすることも
できます。
その結果として、細胞の活性化や新陳代謝促進、冷え防止効果が出てくると考えられています。

体が疲労すると体内に水素イオンをため込んでしまいます。炭酸水の炭酸イオンと水素イオンが結びつき、
中和されるため、疲労回復につながるともされています。

炭酸水は飲むと胃を刺激して、ぜんどう運動を促します。そのため食前に少し飲むことで食欲を増進させる
ことができます。

起床後であれば便意を促すことにもつながります。

反対に少しぬるめの炭酸水を500mlほど一気に飲むと、胃のぜんどう運動は鈍り、満腹感を得るため、食
べすぎ防止に役立ちます。