HOME浴室リフォームまめ知識健康 >自分好みの湯温を知ること

自分好みの湯温を知ること

昭和30年代の風呂釜は主に「五右衛門風呂」と木

 

風呂がありました。

 

五右衛門風呂は鉄製の釜を下から薪で焚くシンプ

 

 構造です。

 

そのため温度調節など当然できるはずもなく、

 

グラグラの湯加減になることもありました。

五右衛門タイプは底も熱くなるため、踏板の上に上手にバランスをとっていなければいけませんでした。

 

一般家庭への風呂釜の普及はここ百年ほどのことです。

 

日本人のお風呂に対する思いと、抱負な水資源により、入浴がただ身体の汚れを落とすということから、

 

一日の疲れをとってリラックスするという目的も付加されました。

 

熱いお風呂が好きな人もいれば、ぬるめのお風呂が好きという人もいます。

 

現在は自分で温度調節ができます。

 

自分好みの湯の温度を知ることは健康面からも大切なことといえるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Beaut(ビュート) トクラス