朝風呂

正しい手順で朝風呂

朝風呂に入ることで、身体と頭を目覚めさせることができます。

 

身体を目覚めさせるには交感神経を刺激させることです。

 

そのためにも、42℃くらいのやや熱めのお湯に3分ほどつかるといいといわれています。

 

目覚めたての身体は睡眠中に発汗しているため、まず水分を補給してから入浴します。

 

そして、入浴後も水分を充分補給します。

 

人間の身体は、朝活動を始める時には血圧が急激にあがりやすくなります。

 

そのため、脳梗塞や心筋梗塞などの血流障害による突発性の病気や突然死は午前中に発症しやすいと

 

いわれています。

 

正しい手順で朝風呂に入ることは気分をすっきりさせること以外にも血流をスムーズにして病気も予防でき

 

るというわけです。

 

ただ、寒い時期は急激な温度差は危険なため、脱衣所や部屋を暖めることと、しっかり身体や髪を乾かすこ

 

とが大事です。

TOTO 【 S Y N L A 】