HOME浴室リフォームまめ知識健康 >『湯に入りて湯に入らざれ』(ゆにいりてゆにいらざれ)

『湯に入りて湯に入らざれ』(ゆにいりてゆにいらざれ)

湯に入ることは健康によいが、あまり度々入っていては、かえって害があること。

湯に入ることは健康によいが、あまり度々入っていては、かえって害があることより、何事もほどほどにして、あまり度を過ごしてはいけないという意味になります。

入浴の目的は体を清潔にすることはもちろんですが、その日の疲れを取り去ることも大事です。
疲労もさまざまな種類があります。今回は4タイプの疲労回復方法をご紹介します。

① 身体の疲れをとる
    43℃前後のお湯に10分程度入浴することで、疲労物質を取り除き、筋肉の疲れをときほぐします。
    汗をかいて老廃物を排出させることにより、体の疲れを取り除くことができます。のぼせを防ぐため、
    半身浴がおすすめです。

② 心の疲れをとる
    39~40℃のお湯に20分程度入浴することで、末梢血管の血行をさかんにして、頭に集中しがちな
    血液を分散することにより副交感神経の機能が高まります。そして緊張が緩和してリラックス状態に
    なります。 

③ 睡眠不足や睡眠障害での疲れをとる
    38℃のお湯に25~30分入浴することで、副交感神経の働きを高めます。人は体温が下がり始める
    と眠気を催し、下がりが早いほど眠りにつく時間が早くなるため、入浴で体温を上げて熱を放散させる
    準備をします。そのため就寝1時間以上前に水分をしっかりとってから半身浴がおすすめです。
    ただこの時期は特に湯冷めには注意してください。

④ 肩や首のこりをとる
    41~42℃のお湯に20分から30分入浴することで血行をよくして新陳代謝を高めます。
    それにより首や肩の疲労物質を取り除くことができます。肩に温かいタオルを置いておくと、より効果が
    高まります。