HOME浴室リフォームまめ知識健康 >年寄りの冷や水

年寄りの冷や水

老人が若いものの真似をして、冷えた水を飲んだり浴びたりするように、年齢に不相応な危ない行為をするとろくなことがないということ。

 

江戸いろはかるたの「と」の札。

 

寒くなると高齢者の「ヒートショック」と呼ばれる入浴時の事故が増えます。

これは脱衣所の寒さ、浴室との温度差、高温の入浴などに伴う血圧の変化によるものです。

 

この事故をなくすためにも

 

    洗面脱衣所に暖房器具を置いて部屋ごとの温度差をちいさくする。

 

    入浴前に浴室をシャワーであたためておく。

 

    浴槽のふたをあけておき、床にはマット等を敷く。

 

    お風呂の温度は38~40度のぬるめにする。

 

    ヒートショックをおこしやすい人が入浴している最中は家族が声をかけたりする。

 

    気温が高い明るいうちにお風呂に入る。

 

    食後すぐや空腹時にお風呂にはいらない。

 

などの注意点があげられます。



もちろん年齢に関係なく、急激な温度変化は身体に負担をかけます。

 

健康維持のためには浴室や周辺の環境を整えることが大事であるといえるのではないでしょうか。



 

 

 

 

 

 

 

 

 

TOTO 「ほっカラリ床」